英語でおもてなしガイド

最近、日本でも英会話のVRアプリが出てくるようになりました。しばらく前には英検さんが「VRで体感!売場のやさしい英会話」というアプリをリリースされていました。

 

getnews.jp

 

今回は、英会話学校のイーオンさんのアプリです。

www.moguravr.com

英検さんのアプリは実写360度ビデオが中心でしたが、こちらはビルボード(平面絵)の人物と背景のCGが中心です。

f:id:cantab:20170720145314j:plain

 

どちらのアプリも、1対1の会話が中心で、ロールプレイのように自分の演じる人物のセリフを発音して練習(音声認識は行わない)します。イーオンさんのアプリでは会話の選択肢が複数あって、ストーリーが分岐するのが特徴です。

f:id:cantab:20170720145326j:plain

目の前の人と話すだけなので、あちこちを向く、ということはなく目線を合わせていれば問題ありません。しかし、VRらしさ、という点ではどこか物足りません。せっかくの360度の背景が生かされておらず、VRでなくても良いのでは、という感想になってしまいそうです。

 

Boulevard

前は別の名前のアプリでしたが、今はこの名前。博物館などを体験できるのですが、絵画をVRで鑑賞する必然性を感じません。絵画表面の凹凸まで再現されていればまだよいのですが、単なる2Dの画像をVRで見ても、何一つ面白いことはありません。これなら、マチュピチュのように、空間全体を楽しむようなものを用意したほうが良いです。また、操作性があまりにひどくて、二度と使いたいという気にさせません。ストアの評価が低いのもわかります。

 

f:id:cantab:20170717133431p:plain

 

 

f:id:cantab:20170717133407p:plain

Magnetique - VR Comic

VRで漫画読みたいな、というのは私に限らず多くの人の期待のようで、以前にスクウェア・エニックスさんがチャレンジしていました。

 

www.moguravr.com

残念ながら、こちらを体験したことは無いのですが、記事を読む限り2Dと3Dが混じっているようですね。

 

それに対して、こちらのMagnetiqueは全て3D(というか360度視点)のVRコミックです。どのシーンも360度視点なので、いつもぐるぐる見回す感じになります。どうやって描いたんでしょうね。

こちらに記事がありました。

uploadvr.com

実際の画面はこんな感じ

f:id:cantab:20170712183901p:plain

 

見渡せる、というのが、逆にちょっと手間でもあり、常に自分の後ろに大事なキャラクタがあるのではないかと心配になってしまいます。あと、意外にVRで吹き出しを読むのは難しく、ナレーションを頼りに楽しむのが良さそうです。

 

この分野はまだまだ発展途上ですね。日本からも作品が増えることを期待しています。

 

 

 

News VR

体調を崩していて、更新が止まっていました。これからまた頑張ります。

 

今日試したのは朝日新聞のVRアプリ NewsVRです。

www.moguravr.com

 

VRニュースアプリは海外ではいくつか見られますが、日本では、本格的なものはこれが初めてでしょう。内容は、海外ニュースから文化まで幅広く、さすが朝日新聞です。

f:id:cantab:20170703103631p:plain

f:id:cantab:20170703103658p:plain

ただ、UIが使いづらいのが残念ですね。画面をタップしないとVR内でボタンを押せないとか、、ほかの動画を選択するためにはいったん2Dモードに戻らないとダメ、などなど。イライラします。動画がストリーミングに対応していないのも残念。将来のアップデートで改善を期待しています。

 

Google Spotlight Stories

Google Spotlight Storiesは、Googleによる360度動画プロジェクトです。すでに多くの作品がYouTubeスマホアプリで公開されています。

 

 その中でも、評価の高いのはこちらのPearlです。

www.indiewire.com

f:id:cantab:20170621113056p:plain

 父と娘が夢を求めてくるまで旅をする話で、プレイヤーは助手席の視点で物語を追います。これが良いチョイスで、プレイヤーは運転手と後ろの様子を視線を変えながら見ることができます。キャラクターとカメラの距離感も良い感じで、圧迫感を感じることなく、キャラクターの様子を見ることができます。シンプルなポリゴンの絵も、逆に雰囲気を上手く伝えており、気持ちよく没入できる作品です。

Rapid Fire

Rapid Fireは、航空機開発の歴史を3DCGで体験させてくれるRift用VRコンテンツです。自分は飛行場の滑走路にいて、そこにナレーションとともに飛行機が飛んでくるだけなのですが、ナレーションが上手なのと飛行機の3DCGがカッコいいので結構楽しめます。滑走路があるおかげで、自分が見るべき方向が明確なのも良いですね。ナレーションの中でも「右から来るのは、、」と見るべきところを教えてくれるので親切です。

 

f:id:cantab:20170619151448p:plain

The Lab

indiegame-japan.com

来週VR体験会を行うので、気軽に遊べるコンテンツを探し中。Viveコンテンツで探してみたところ、The Labが一番良いという結論に。弓で敵を倒すLongBowと飛行機シューティングゲームのXortexが特におすすめ。